青果市場"タシール"(1) 

本日エレバン快晴。気温28度。
新鮮なお野菜や果物、そしてスパイスやお米、コーヒーを買いにタシール市場まで行って来ました。
ミニバス88番の終点にあります。自宅近くカスカーデからは10分程で到着します。帰りは始発なので席が確実に確保できるところが、魅力です!

今はさくらんぼとイチゴが旬の季節。市場全体が情熱色に満ちていました!
さくらんぼ 1kg 500~1000ドラム、イチゴ1kg 600~1200ドラム。
左下の中央は桑の実。そのままでも、またジャムにしても美味しくいただけます。

タシール 003   タシール 005

   タシール 006       タシール 007

どこのお店も美しく陳列しています。
左:青菜やハーブ  右:りんご  左下:山菜  右下:素敵なおじ様のワンショット。

タシール 008   タシール 009

タシール 010   タシール 011

まだまだあります。
「んっ?」

タシール 012   タシール 013

左:カリネ先生のお宅で頂いたデザート。  
右:マチェドーニア。さくらんぼ、イチゴ、桑の実、りんご、オレンジにお砂糖とレモン、そしてアララトコニャックを少し入れて出来上がり!皆さんも、お1つ、どうぞ。

タシール 001   タシール 002

スポンサーサイト



春の山菜料理 

カリネ先生のお宅で、春の山菜料理をご馳走になりました!

私は先生のレッスンが大好きです!日本語で書かれた、先生の手作りオリジナル教材で、生徒1人1人の個性にあった指導をして下さり、また、「母なる大地」のように、温かく、そしてやさしく包み込んで下さるからです。

毎回、レッスンの後には楽しいティータイムがあります。アルメニアの生活、文化、歴史、そしてお料理にお菓子と色々教えてくださいます。先週の話題は、「アルメニアの野草について」でしたので、先生は今日の為にわざわざ市場まで足を運んで、色々準備して下さいました。

本日のメニュー
題して、「春のアルメニア、山菜会席」
ごはん/ 西洋イラクサ、"イェリンチ" とじゃが芋のスープ/山菜、"マンダク" の卵とじ/ アルメニア山菜、"ダンドゥール"、"ポルトラック" を使ったお漬物/山菜のおひたし2種、"シンドリーク"と"ボヒ" /アスパラガスのイタリア風/ズッキーニのフリット/トマトときゅうりのサラダ/セヴァン湖のお魚、"スィグ" のフライ/さくらんぼとイチゴの盛り合わせ/チョコレート/摘み立てのローズティー

3.jpg  IMG_2389(1).jpg

お料理とハーブを紹介します。
(左):"ハレ カナチ(アルメニアの5種類のハーブ)"の内の4種。シソ、コリアンダー、パセリ、ウイキョウ。そして、にんにくの芽とねぎ。
(右):トマトときゅうりのサラダ。フェンネル、ねぎ、そしてにんにくの芽の若葉がサラダ全体の味を引き立てています!


山菜 004  山菜 009  

左:ズッキーニのフリットに、にんにくとハーブをのせて。
  もう、「やめられない、とまらーないっ♪」
右:左からスイバ(すっぱい草、スープにもイラクサと一緒に入っていました。蓚酸が作れるそうです。)、ボヒ、西洋イラクサ、マンダク。ボヒもマンダクもフェンネルに似ていますが、味は違います。そして、日本のウドとふきを足したようなとても神秘的な味がする山菜。  

山菜 005  山菜 002

地に生える野草たちの自然の姿。
(左):"ボヒ"(フェンネルの種類) (右):スイバ (下):"ダンドゥール"(ラテン語Portulac)、畑を耕して土をやわらかくすると直ぐ顔を出すそうです!  

カリネ先生3  カリネ先生2

カリネ先生

これぞ、元祖おふくろの味!?
日本人の胃に優しいお食事で元気が出ました!
カリネ先生、美味しいお食事をごちそうさまでした。
アルメニアの旬のものをたくさん頂いたので、私たち絶対長生きします!

庶民の味 

ゆうべの雷と大雨が、うその様に気持ちよい天気です。
最近、雲の形も夏が、近づいている事を、教えてくれています。
昨日も夜になるまでは、良い天気だったんですけどね。

天気が良かったので、友人と待ち合わせて、ビールに良く合うアルメニアの軽食を食べに行きました。”ファーストフード”なので、注文するとすぐ出てくるし、ビールの美味しい季節には、ピッタリです!

DSC01113.jpg     DSC04919.jpg

”ラフマジョ”です。(アルメニア語をちゃんと訳し切れていないかもしれません)
アルメニア風ピザと、私は、呼んでいるんですけど。中東では、ポピュラーな食べ物らしいです。
薄いクリスピーな生地の上に香辛料で味付けされた挽肉(多分マトン)が、のっています。レモンが、必ず付いて来るので、絞って掛けて食べます。
ビールのお供に一押しです!

DSC01114.jpg

こちらは、”カチャプリ”
しこしこパンの真ん中に玉子が、2個。半熟加減が絶妙です。
パンを切って、卵を付けて食べていきます。(朝ごはんにピッタリですよね)
別の種類もあって、そちらは、サクサク生地でチーズをタップリ包んで焼いてます。
どちらも、美味しいですよ。

どれも手頃な値段だし、日本人の口にも良く合います!
アルメニアにいらした時は、是非食べてみてくださいね。

Patisserie MONO 

リビングの窓から、たくさんのツバメが餌を取っている姿が、毎日見えます。”こんなに、たくさんのツバメを見るのは、初めてだね”と、娘と話しています。夏が、其処まで来てるんでしょうね。

今日は、私のお気に入りのケーキ屋さんを紹介します。
デザート関係、好きなので自分でも作るのですが、ケーキは、なかなか面倒で・・・
近所に美味しいお店があると、とても助かるんですよね。
で、いろんなお店で買い求めているんですが、お気に入りのケーキ・ショップ見つけました。
 ”MONO”覚えやすい名前のお店です。

DSC01048.jpg

ケーキ、クッキー、マカロン、クロワッサンetc.....

DSC01047.jpg  DSC01054.jpg

DSC01053.jpg  DSC08885.jpg

バースディ・ケーキも、いつもお世話になっています。
紹介した方々の評判も良好!”エレバンで1番美味しいケーキ・ショップだな”と、私は、思っているんです。
先週行った時は、自家製ジェラートの販売も始まっていました!(美味しかった~)
そして、アイスクリーム・ケーキを初めて買いましたが、これもGood!

DSC01087.jpg

これからも、長いお付き合いになりそうです。

アンドレア・ボチェッリのリハーサル 

会長の長谷川です。暑い日が続いています。夕方や夜にザッと雨が降ることが多く、それで少しは涼しくなるんですが、あつーい夏がそこまで来ていますね…

さて、もう先月下旬の話ですが、かなりラッキーなことがありました。先月、アルメニアに本を送る会の方々が訪問されている時のことです。

今年、エレバンは「世界の本の首都」に選ばれたのですが、それを祝して4月21,22日に街中でいろんなイベントが行われました。私たちも、「にぎやかだなあ」と散歩しながら見ていました。

そして、夕方頃にオペラハウス前の広場で休んでいたら、どうも夜に野外コンサートが行われるようで、ステージが組まれ、歌手とオーケストラがリハーサルをやっていました。そのテノール歌手が、めちゃくちゃ上手なんですよね。

てっきりアルメニア人歌手だと思っていたので、「こんな素晴らしい歌手が、アルメニアにいるのか…すごいなあ」と、感心しながら聞き惚れていました。

その後、オペラハウスを後にして、何気なく見た大きなポスターに、アンドレア・ボチェッリの写真が!しかも、コンサートの日付は今日! 「エーッ!さっきのアンドレア・ボチェッリだったの!?」と、そこで気づきました。世界的に有名な盲目のテノール歌手が、まさかアルメニアに来ていたなんて…

見ていた時は知らなかったんですが、やっぱり素晴らしかったので、ちゃんと動画を撮っていました(良かった…)。


コンサート本番は見ませんでしたが、リハーサルで十分感動しました。

VIENNA RIBS 

天候が、安定しない日々が続いているエレバンです。
30度近い日もあれば、雨が降り20度近くにもなります。
前住んでいたシンガポールでは、する事も無かった”衣替え”も中途半端な状態です。
これが、季節の変わり目と、言うのでしょうか?

今日は、最近家の近所にオープンしたレストランを紹介します。
前は、アルメニア料理のレストランの在った所に‘リブ専門店’が、オープン!
早速、会長夫婦と一緒に食事に行ってみました。

ヴィエナ・リブス(ウィーンのリブでしょうか?)
お店の中には、ウインナー・ワルツが、流れてました。

 DSC00779.jpg 

リブは、勿論の事ソーセージの種類も色々在りました。
写真付だったので選びやすかったですね。
店員の方のお勧めは、勿論”リブ!” 絶対に食べてみてください!と、言われたので
とりあえず、いろんな味が楽しめる‘ミックス’とソーセージ、そして、スープもオーダー

DSC00784.jpg  DSC00782.jpg


そして、勿論ビールも頼みました。

 DSC00785.jpg      DSC00773.jpg


結論、全部美味しかったです!
結局、リブ、ソーセージ、ビールもおかわりして幸せな気分でお店を後にしました。
店員のサービスもとても良かったし、本当にお勧めのレストランです!

カラオケ購入 

更新が滞っていました…かなり忙しかったもので。他役員も更新が難しかったようです。どうも、会長の長谷川です。

日中はすでに30度近くまであって、エレバンはすでに初夏の陽気です。冬があんなに寒かったのに…でも、寒いよりはいいですね。ビールも美味いし。

ところで、日本では飲み会の後にカラオケに行く人が多いですよね。私もカラオケは好きです。エレバンには…まあ、カラオケはあることはあるんですが、いわゆるスナックみたいな場所で、もちろん日本語の歌なんてありません。やっぱり日本人としては、カラオケボックスに行って思う存分歌いたい!

それで、買ってしまいました、カラオケマイク!といっても、日本人会として購入したわけではなく、カラオケが好きな人だけで共同購入して、4月に日本に一時帰国した役員に持って来てもらいました。(その人はカラオケに全く興味ないのに…すみません!)

DSCN0463armenia12-5-12.jpg 
850曲入っていて、ネットで50曲を無料でダウンロードできます。海外でも日本のカラオケが簡単に楽しめるなんて、便利な時代になったもんです。 

念願のカラオケ、早速使ってみましたが、やっぱりいいですねえ… リストを見てピッピッと番号を打つと音楽開始。歌詞を見ながら、マイク片手に日本の歌を歌うと本当に気持ちいい!入っている曲の多くは演歌であまり知らないんですが、それでも好きな歌もけっこうあるので、十分楽しめそうです。

とにかくアルメニアで日本のカラオケができるんですから、日本人としては嬉しい限りです。在住日本人がもっと増えたら、いつかカラオケ大会を開催してみたいですね。

DSCN0466armenia12-5-12.jpg DSCN0468armenia12-5-12.jpg 

グルジア紀行 

みなさん、こんにちは。
新緑の美しい季節にグルジア観光はいかがでしょうか。
アルメニアから車で北に走ること4時間。グルジアとの国境に到着します。(左)
首都トビリシTbilisiはうわさに聞いていた通りの美しい町でした。(右)

Georgia 1.5.2012 156 Georgia 1.5.2012 260 

旧市街の建築様式。

Georgia 1.5.2012 278

旧市街にはおしゃれなカフェやお店がたくさんありました。

Georgia 1.5.2012 254 Georgia 1.5.2012 253 

アンティーク調の彼女と思い出の1枚を「はい、チーズ!」

Georgia 1.5.2012 255 

イコンや教会の十字架、そして聖職者の着る法衣も扱ったお店もありました。
さすがグルジア正教の国です。

Georgia 1.5.2012 264 Georgia 1.5.2012 265


MTSKHETAの修道院。朝のお祈りを捧げている修道女(右)と修道士(左下)。

Georgia 1.5.2012 262 Georgia 1.5.2012 279

Georgia 1.5.2012 267  

JVARIの山の上にある教会

Georgia 1.5.2012 282 Georgia 1.5.2012 269 

Georgia 1.5.2012 281 

地元の人達とのコミュニケーションには、やはりロシア語が必要でした。
「ダァー」と「スパスィーバ」だけでは、はずむ会話にもさびしさが残るばかり。
思いっきりジェスチャーでどうにか乗り切れはしましたが。。。

町で出会った素敵な人々の写真です。
修道院の入り口でグルジア民謡を歌う紳士。(左) 
教会の中で聖書を読む女性。(右)

Georgia 1.5.2012 268 Georgia 1.5.2012 280

グルジア式焼き釜で毎朝パンを焼いていたご主人。
手作りマーマレードがたっぷりのったカステラのようなパンは最高でした!(左)
囲碁のようなゲームを楽しむ男性達。(右)

Georgia 1.5.2012 256 Georgia 1.5.2012 261

結婚式の記念撮影をしていた美男、美女カップル。
いつまでもお幸せに!

Georgia 1.5.2012 270

グルジアには温泉もあります!
ちょっとレトロなトルコ風呂には、ロシアの詩人、プーシキンや、「三銃士」を書いたフランスの作家デュマも訪れたそうです。
個室利用1時間1200円。硫黄泉なので美肌効果があり、お肌がつるつるに生まれ変わりました!そして入浴後、不思議と体が軽くなりました!
機会がありましたら是非立ち寄って、旅の疲れを癒してください。

Georgia 1.5.2012 259  Georgia 1.5.2012 258 

最終日、田舎道を通っていると牛、馬、羊、山羊、
そしてなんと豚の親子まで間近にみることができました!
写真は、目の前を通りすぎる羊たちの群れのワンショット。

Georgia 1.5.2012 273


グルジアからアルメニアに入ってすぐの素晴らしい景色。
アルメニア側からグルジア国境付近を臨んだ1枚。

Georgia 1.5.2012 283

夕暮れの景色は思い出に残る1枚となりました。

Georgia 1.5.2012 275

Georgia 1.5.2012 276

エレバンで爆発事故 

会長の長谷川です。昨日、エレバンで大きな事故がありました。明日5月6日にアルメニアで政党選挙があり、今はどこの政党も選挙活動を盛んに行っています。

ここぞとばかりにいろんな所で道路工事をやったり、立候補者のポスターや看板をよく見かけます。そして、昨日夕方に、共和国広場で現与党の集会がありました。

そこで、風船が次々と爆発して、140人以上が負傷するという大事故が起こりました。風船のガスにたばこの火か何かが引火したらしいです。恐らく小さなニュースだったと思いますが、日本でも報道されたようですね。できれば、いいニュースでアルメニアが報道されてほしかったですが…

アルメニア与党集会で爆発

事故当時の映像です。

本当に悲惨な事故です。幸い、死者は出なかったそうです。しかし、駆けつけた救急車やパトカーが、人轢く勢いで群集の中を走っていて、更にけが人が出そうで怖い…

モスクワの日本大使館からも安否確認の電話があり、私からも日本人会役員に電話をしましたが、みな無事でした。

アララト・コニャック工場 

旅行先のクロアチアから戻ってきました。 
アルメニアとは、違う魅力を持つ国を満喫してきました。
少し、肌寒いぐらいでしたが、日本人観光客の方も大勢いらしてました。
アルメニアも観光シーズンに入り、気持ちの良い日々が続いています。

前置きが、長くなりましたが、
先週帰国してすぐにアララト・コニャック工場の見学ツアーに参加して来ました。
こちらを訪問中だった”アルメニアに本を送る会”の方と共に招待していただいたのです。

英語ガイドのグループだったので、他にも色々な国籍の方が一緒でした。
蒸留中の樽の間を歩きながら、製造工程の説明を聞きました。
”平和の樽”という、ナゴルノ・カラバフ”問題が解決した時に開封されるという、樽も展示してありました。

DSC00590.jpg   DSC00591.jpg

見学後は、3種類(5年、10年、20年)のコニャックの試飲です。
テーブルには、水とチョコレートも用意されてありました。
5年物から順番にガイドの説明を受けながら飲んでみましたが、
やはり、20年物は、香りといい、味といい別格でした。

DSC00603.jpg   DSC00608.jpg

直売店も併設して在るので、気に入った物をお土産に買って行く事も出来ます。
市価よりも少し安めになっていると、いう話でした。
私は、悩んだ末に’20年物’お買い上げ!
何か、特別な日に開けたいですね。

DSC00770.jpg