靴の修理屋さん 

 おじさんの名前は、サンヴェルさん。この道40年のベテラン靴職人だ。2人の息子と1人娘を授かり、11人の孫に恵まれている。おじさんは3畳一間のカセットの中で仕事をしている。容姿は英国歌手のスティングに似ている。作業の合間にタバコをくゆらせるその姿もまた、少しクールでかっこいい。
ちいさな店内の手作りの棚には、様々な材質、そして色とりどりの靴が所狭しとひしめき合って並んでいるが、それを眺めながら、靴を履いている人たちを想像するのも、また楽しい。
今回、わたしはお気に入りのスニーカー修理でこの店を訪れた。

 おじさんは、ペットボトルを再利用した、黄色と透明の2種類の接着剤が置かれている机の前にいつものように座り、お手製の研ぎ立てナイフで器用に靴底に合わせて部材をカットしていた。
入り口すぐ横のベンチに座り、順番を待っていると、小柄なおばさんがどこからともなく現れた。軽く挨拶をするとおばさんはニコニコと話し始めた。仕事中のおじさんも会話に加わり、何か2人でわたしに向かって説明し出した。おばさんは、アルメニア語を使って、手を広げたり、指でベンチをさしたり色々ジェスチャーをしてくれるのだが、さっぱり意味が解らない。そのうちに新しいお客が入ってくると、いつのまにかおばさんは消えていた。後で知ったが、そのおばさんは、奥さんだった。

 この小さな靴修理屋を初めて訪れたのは、雪の降る2月。プースキン通りの駐車場スペースに真っ白い箱型の建物が視界に入った。小さな窓から色とりどりの作品が見え、アーティストのアトリエ?とわくわくしながら近づいてみると、色鮮やかな靴や靴ひもが並ぶ修理屋さんだった。いっぺんでこの店の雰囲気が気に入り、急いで家に帰って1足しか準備してこなかった冬用ブーツを持参して、修理をお願いした。口数少ないおじさんは、ブーツの皮をほめてくれた。おじさんは、予想以上に丁寧に仕事を終え、頼んでいないのに、雪用にとギザギザした靴底も付けてくれた。修理代金1000ドラム。とても温かい気持ちになって帰宅した。

 ぼーっと、初めてこの店を訪問した時のことなどを思い出していると、またどこからともなく、おばさんがニコニコと現れた。その人懐こい笑顔から、職人気質のおじさんを一身に支えてきたおばさんの優しい人柄が伝わってくる。そして笑顔いっぱいに、「これをどうぞ。」と嬉しそうにちいさな包みを手渡してくれた。
 それは、わたしが2月から探していた、使い古しの皮の手袋だった。
おばさんは、わたしがお店に置き忘れた皮の手袋を、冬の間もずーっと大切に自宅で温めてくれていた。春が訪れて、夏になっても大切に。。。わたしはその心遣いに、思わず目頭が熱くなった。そしてとても嬉しくなって、小柄なおばさんを思わず抱きしめた。「ありがとう!」と何度も繰り返しながら。

スポンサーサイト



リフォームが終わらない… 

会長の長谷川です。またまた更新が遅れました。なんかこのブログも、ほとんど私個人のブログ化し始めていますね…何とか頑張ってみますが、こんな状態が長く続くようだと、このブログの意味がなくなってしまいます。

さて、9月も中旬に入り、朝晩涼しくなってきました。妻の実家あたりは、少し肌寒く感じるほどです。夏も終わり、今年もあと3ヶ月半…時が経つのは早いですね。

なのに、妻の実家のリフォームはまーだ終わっていません。実際はほとんど終わっているのですが、最後のキッチンができていないんです。頼んだ職人がどうしようもなくいい加減で、かれこれ3週間もこちらは待たされています。

キッチンのために買った冷蔵庫や洗濯機も、ずっと使わずに置いています。妻の母や祖母は、シャワーの水で料理や洗い物をしています。お客さんを呼ぶこともできません。とにかく不便で仕方ない!

その職人には、私だけでなく妻の家族も心底呆れ果てていますが、もうお金をほとんど払っているので、彼にやってもらうしかありません。なのに、「木を切る機械が壊れた」とか、「怪我をした」とか、「部品が足りない」とか言って、何も仕事してもらえず時間だけが過ぎていきました。

ひどいのは、「今日は100%来る」と電話で約束しておきながら、結局何の連絡もなく来ないことが普通にあるんです。こちらが痺れを切らして連絡しても、電話にさえ出ません。そして、次の日も連絡なしで来ない…2日後にやっと来ても、言い訳ばかりで謝罪の言葉なんて一言もありません。

私はどうでもよくなっているんですが、さすがに妻の家族は完全に怒って、「明日仕事しなかったら、他の職人を呼ぶぞ!」と言い放ったら、やっと今日から仕事し始めました。順調に働いてくれたら、2、3日で終わるはずです。まあ、まだ予断は許しませんけどね。

アルメニアは、日本に比べると、何かにつけていい加減でのんびりしていますが、今回はあまりにひどい!と呆れてしまいました。「アルメニアの職人は大体そんなものだ」とみんな言うので、特別なことではないようです。しかし、客にこれだけ迷惑かけても謝らないというのはちょっと問題ですよね。

どうも、「自分の非を認めることになるから、簡単に謝ってはいけない」という価値観が原因のように思います。逆に、日本人はすぐに謝り過ぎと言われますし、いくら謝っても反省しなければ意味がありません。しかし、「ごめんなさい」の一言で、こちらの気持ちはかなり穏やかになるのは事実。

愚痴っぽくなりましたが、リフォームを通して、いろいろ文化や価値観の違いを痛感しているところです。

DSCN2285armenia12-9-15.jpg 
やっとキッチンを作り始めてくれました。いい仕事をするんですが、あまりにいい加減な性格なので、もう彼には頼めません。

ハンガリーと国交断絶 

会長の長谷川です。9月に入って、朝晩はかなり涼しくなりました。そのせいか、妻は風邪を引いてしまいました…昨日から大学で授業が始まったので、私も健康管理には気をつけないと。

さて、久々の更新記事ですが、ブログ「アララトの国から」と同じ内容です。しかし、先週アルメニアにとって大きな外交問題が起こったので掲載します。

アルメニアはハンガリーとの国交を断絶しました!
理由は、8年前にアルメニア人を殺したアゼルバイジャン人を、最近ハンガリー政府が本国に送還したことです。

ニュース記事:エレバンで抗議デモ「ハンガリーよ、さようなら」

いくら敵国同士といっても、他国での訓練中に、寝ている人を斧で殺すなんて残酷な事件です。当時、現場にはアルメニア軍人がもう一人いて、犯人のアゼルバイジャン軍人は、直後に彼も殺そうとしたそうです。そして、裁判では、「自分がやったことに全く後悔はない」と話したそうです。

当然、ハンガリーで無期懲役の判決が下されたのですが、アゼルバイジャンに送還されるとすぐ恩赦が与えられて自由の身になりました。更には、英雄扱いされているそうです。おいおい、それはちょっとアカンやろ!

戦場での話ならまだしも、この事件は、被害者が誰であろうとただの殺人。その殺人犯を釈放して英雄扱いするのは間違っています。今、アルメニア人のアゼルバイジャンに対する怒りや憎しみは頂点に達しています。そして、その犯人を送還してしまったハンガリーに対しても怒り狂っています。

IMG_1634armenia12-9-4.jpg IMG_1638armenia12-9-4.jpg 
抗議デモが行われたハンガリー領事館前。罵詈雑言が書かれた紙が張られ、投げつけられた野菜などが落ちています。掲げられていた国旗も燃やされてしまいました。

ハンガリー政府は、まさか犯人が帰国後そんなに優遇されてしまうとは思っていなかったのか、アゼルバイジャンとそのような同意があった上で送還したのか分かりません。しかし、結果的にアルメニアの凄まじい怒りを買ってしまいました。

「確かに、これはひどい!」と、さすがに基本的に中立でいる私も、今回ばかりはアルメニア人の気持ちが理解できます。とにかく、争っている国との関係が悪化し、新たに他国との関係を絶つという事態は、アルメニアにとって残念なことです。

しかし、8年前の悲惨な殺人事件も、今回のように両国が緊迫した状態になってしまうのも、ナゴルノ・カラバフの領土問題、そしてそれを巡る戦争が元々の原因です。戦争には決してならないよう、お互いに冷静に対応してほしいと思います。

ニュース記事:アルメニア大統領「アゼルバイジャンと戦争の用意ある」