生け花 

きのう きょう     かん わた     ぶんか しょうかい          い ばな  たいけん    おこな昨日、今日と2日間に渡り、日本文化の紹介ということで、生け花の体験レッスンを行いました。先ずは剣山で体験し、その後はオアシスを使い、思い思いのデザインで創作しました。休み時間から「ルミコ コヤナーギ」と言って、「瀬戸の花嫁」の音楽を流してくれて日本の雰囲気を盛り上げてくれました!


10.23.2年生生け花 001  10.23.2年生生け花 002

              わか げいじゅつか   さくひん      らんくだ
それでは、アルメニアの若き芸術家たちの作品をどうぞご覧下さい。

10.23.2年生生け花 006  10.23.2年生生け花 004


10.23.2年生生け花 015  10.23.2年生生け花 016

10.23.2年生生け花 017  10.23.2年生生け花 018

10.23.2年生生け花 019  10.23.2年生生け花 020

10.23.2年生生け花 021  10.23.2年生生け花 022




スポンサーサイト



二つのお知らせ 

会長の長谷川です。

風邪が引いてしまいました…昨日はエレバン建都2794周年で、中心部ではいろいろと盛り上がっていたと思いますが、ずっと家で休んでいました。まあ、毎年見ているので、元気でも行かなかったような気はしますけどね。

とりあえず、今日はお知らせを二つ、手短に書かせて頂きます。

まず、愛知県国際交流協会が作成したアルメニア情報について。以前、協会から「写真を使わせて頂けませんか?」という問い合わせがあり、快諾しました。このアルメニア情報は、ネットで公開されていますが、大変よくまとまっています。私の写真もたくさん掲載されているので、是非ともご覧ください。

愛知県国際交流協会「アルメニア情報」 (←クリックすると開きます)

もう一つは、私のテレビ出演について。明日の夕方、日本のテレビにスカイプで出演します。

10月16日(火) 17:00~17:49
NHK・BS1「ほっと@アジア」

実は、先週土曜日は、アルメニアの「翻訳家の日」でした。エレバン建都記念日のように盛大に祝われることは全くないですが、アルメニア文字を発明したメスロプ・マシュトツの功績を称える日。

それにちなんで、今回はアルメニア文字についてお話しさせて頂く予定です。独自の文字を使う民族というのは、世界にあまり多くありません。その中でも、アルメニア文字は歴史があり、アルメニア人のアイデンティティーの一つと言えるでしょう。

是非とも、ご覧になってください!

日本語教育のイベント 

9月28日、29日の2日間に渡り、モスクワ大学から荒川友幸先生をお迎えして、
スラヴォニック大学において、日本語教育のイベントが開催されました。

1.29日(金)11時~
  講演「オタク小史」  講師 荒川友幸先生
オタクの歴史、4つのカテゴリー(ガレージキット、アニメ、同人誌、コスプレ)の「オタク」について、実際の映像も紹介しながら講義をして下さいました。
荒川先生はオタク文化の背景として、①インターネットという媒体を使って自己表現をすることが可能になり、プロとアマチュアの境界があいまいになってきたこと。②人間関係が希薄になってきた世の中。③極端すぎる個人主義を挙げていらっしゃいました。アルメニアでもポケモン、セーラームーン、そして宮崎駿のアニメが有名だったと生徒達も話していました。
ところで、皆さんは「ハレ、晴れ、ユカイ」ダンス、「初音ミク」の存在をご存知でしたか?

2012年 アルメニア弁論大会 008  2012年 アルメニア弁論大会 004


2.30日(土)9時30分~
  1年生の模擬授業 講師 カリネ・カラミャン先生
先生の開発した「いきいきひらがな」のカードを使って、ひらがなの導入をした後、ショッピングのレッスンをしました。実際の日本円を紹介し、アルメニアのスーパーの広告を配布し、それぞれペアーになって、物の名前、値段を言う練習をしました。入学してからまだ3週間しか経っていないフレッシュマン達は、とても楽しく、活発に授業に参加していました。

2012年 アルメニア弁論大会 082  2012年 アルメニア弁論大会 020


3.30日(土)11時~
  「日本語を使って活躍するアルメニア人」 講師 カリネ・カラミャン先生
1912年~20年まで世界で初めての女性日本大使として活躍なさったDaiana Abgarさんを始め、日本で活躍したアルメニアの大使ポフタント・ゴシャン教授、モスクワ大学の4名の教授、日本留学経験があり、国際的に活躍しているカリネ先生の優秀な教え子達、ホジキャン・ルザンさん、ハルチュニャン・アシャさん、ホヴァニッシャン・アストギクさん、メスロピャン・メリネさん、バラヤン・ザラさんをロシア語で紹介して下さいました。会場にはカリネ先生の教え子の方も2名いらしていて、ご本人の画像が映し出されると、顔を赤くして、「わぁー、やだぁ~。」と日本語で反応していました!

546304_418301198233539_1681784132_n.jpg  2012年 アルメニア弁論大会 037

4.30日(土)11時30分~
  「第2回アルメニア 日本語弁論大会」
   5名の出場者をプログラム順でご紹介します。  

579714_418301788233480_442257016_n.jpg  2012年 アルメニア弁論大会 039

     
1.「私の夢はバレリーナ」スザンナさん 優勝
  叶わぬ夢に向かって邁進したことが、今の人生の原動力になっていると熱く語ってくれました。27日のモスクワ大会、がんばって下さい!

2012年 アルメニア弁論大会 083 


2.「マイホーム」アーストリックさん 3位入賞
  男性が厚い壁のように家族を守り、力強い手で屋根を支えることができれば、安心。その通りですね!素晴らしい表現力に拍手です!

2012年 アルメニア弁論大会 085

3.「一番忠実なともだち」ダイアナさん
  人間が一番最初に飼いならしたのは、犬。2万6千年前からの人間とペットの関係を歴史も交えて発表しました。2年生唯一の出場者です。

2012年 アルメニア弁論大会 086

4.「恋愛」リリトさん
  愛があれば、女性はもっと美しく、男性はもっと強く、人生は素晴らしくなります。本当にその通りですね。ドラマティックなお話でした。

2012年 アルメニア弁論大会 087


5.「私のおばあちゃん」ネッリさん 2位入賞
  25歳の時にご主人を亡くした大好きなおばあちゃんが女手一つで、一身に働き続け3人の子どもを大学に通わせたお話は、感動的でした。
  
  2012年 アルメニア弁論大会 088


《番外編》
チャイムと同時に現れ、さーっとお花を運んでくれた2年生の2人のナイト。
左がワズゲンさん、右がラファエロさん。

2012年 アルメニア弁論大会 034

今週、大会で優勝できなくても、「とてもよい経験になりました。」と笑顔でお礼の手作りパンを届けてくれたネッリさん。中味のりんごとイチゴのジャムまで、ネッリさんのようなやさしい味がしました。

2012年 アルメニア弁論大会 084

U-16日本代表、Wカップ出場決定! 

会長の長谷川です。10月になりました。昼間はまだ半袖でいいぐらいの暑さですが、やはり朝晩は日に日に涼しくなってきています。

さて、今日は嬉しいニュースを手短にお伝えします。サッカーU-16日本代表が、イランで行われているWカップ予選の準々決勝に勝って、Wカップ出場を決めたんです!ヤッター!おめでとう、日本代表!

なぜそんなに嬉しいのかって?だって、この予選直前に、日本代表はアルメニアでキャンプしたんですよ。そして、実際にアルメニア代表との練習試合を見に行って応援したんですよ。そのチームが勝ったんですから、嬉しくないわけないでしょう!

あっ、すみません、ちょっと興奮しすぎました…いや、でもマジで嬉しいです。ここで直接会って応援した日本代表が、無事にWカップの切符を手にして本当に良かった!何より選手と監督、そしてコーチやスタッフの実力と努力の結果ですが、アルメニアでのキャンプも勝因かもしれません。

もしそうだったら、最高に嬉しいですね。実は、私のブログ「アララトの国から」が、アルメニアキャンプのきっかけの一つになったんです。好き勝手にいろいろ書いているブログですが、日本とアルメニアを繋げる一助になったと思うと、書き続けていて良かったと思います。

今回の日本代表に関するブログ記事は、どうぞ下をクリックしてご覧ください。

「アララトの国から‐アルメニア生活記‐」

まだ準決勝、決勝と予選リーグの試合は残っていますが、とりあえず目標のWカップ出場を決めたので安心しました。来年のWカップはドバイで行われるので、是非ともまたアルメニアでキャンプを行ってほしいと思います。

DSCN2394armenia12-10-1.jpg 
日本代表のマネージャーの方から頂いたユニフォーム。今日はずっとこれを着ていました。予選リーグの残りの試合も頑張れ、ニッポン!