様々な日本文化行事がありました 

会長の長谷川です。毎回のことですが、更新が滞ってしまいすみません。気づいたら、1ヶ月以上更新していないため、またブログに広告が出てきてしまいました。

さて、2月になりました。寒いですが、少しずつ暖かくなってきているように感じます。今年はけっこう雪が降ったので、私が住むエレバンの高台の地域はまだ雪が残っています。そんな中、大学の授業も先週から始まりました。昨年から言語大学と国立大学の2か所で教鞭を取っていますが、どちらも最初の授業では学生に書道に挑戦してもらいました。みんな楽しそうに思い思い好きな言葉を書いていました。

また、息子アレンも今月から幼稚園通いを再開しました。普通は1月中旬から学校や幼稚園は始まるのですが、豚インフルエンザで10人以上が死亡したことを受けて、政府が開始の延期を決めたんです。特に流行の心配はないみたいですし、今は至って普通に子供たちは通学しています。

CIMG1215armenia16-2-13s.jpg
成功という言葉を頑張って書く言語大学の学生。

この1ヶ月ぐらいは、様々な日本文化行事がありました。まず、1月中旬は大使館主催による日本映画祭が行われました。大使館開設1周年を記念した行事で、女性をテーマにした日本映画が無料で公開されました。日本から石川寛監督と吉田康弘監督が来られていて、上映後に楽しくいろんなお話を聞くことができました。

CIMG1104armenia16-1-18s.jpg
石川監督と吉田監督と楽しく歓談する時間を持てました。

そして、1月末にいろは日本文化センターで餅つき大会が開かれました。3年前に友人が持って来てくれた杵と臼のお蔭で、新年の餅つきは私たちの恒例行事となっています。今年も幸い餅米やきな粉が手に入ったので、日本語を学ぶ学生たちと楽しく餅をつきました。

もちろん妻と息子も参加しました。昨年は、私と妻が持つ杵に手を添えることしかできなかったのに(しかも全く意味が分かってない状態で…)、今年アレンは自分一人で杵を使っていました。ポコポコと杵が餅に触っているだけのような感じでしたが、子供の成長ってすごいなと改めて感動しました。

CIMG1135armenia16-1-25s.jpg
頑張って餅をするアレン。可愛らしかったです。

CIMG1149armenia16-1-25s.jpg
つきたてのお餅をみんなで丸めました。

CIMG1155armenia16-1-25s.jpg
きな粉餅を食べるアレン。アレンはあまり気に入らなかったようですが、とても美味しかったです。

また、今月7日はレストラン櫻田で節分イベントが行われたので、これも家族で参加してきました。昨年同様、まず恵方巻をみんなで吉方の方角を向いて食べました。いつもの如く、その光景はちょっと変…でも美味しかったです。そして、私の自作の鬼の面を櫻田さんと共に被って、みんなに豆を撒いてもらいました。今年は優しく撒いてくれたので痛くなかったです。

とまあ、一つの記事では詳細は書き切れないほどいろいろありました。だったら、こまめに更新すればいいんですけど、なかなか手が回りません。新年が始まって早々に楽しい思い出をたくさん作ることができて、何だか2016年もいい年になりそうです。

CIMG1209armenia16-2-9.jpg

CIMG1212armenia16-2-9.jpg
アレンも恵方巻を丸かぶり。気に入ったみたいで、けっこう食べていました。

12716020_870320429750253_1286660681387858663_os.jpg
今年も私と櫻田さんが鬼役をしました。

12694977_870320199750276_7281972473155086576_os.jpg
アレンも楽しそうに豆を撒きました。昨年は全く訳分かってない様子だったのに、大きくなったものです。

スポンサーサイト