第二子が生まれました! 

会長の長谷川です。さて、9月30日の午前3時20分、第二子が無事に生まれました!お陰様で母子ともに健康です。今回も体重3830gの大きな男の子でしたが、また2時間ちょっとの安産でした。とはいえ、やはり産みの苦しさは大変なもので、今回も妻は本当に頑張ってくれました。元気な子供を産んでくれた妻には心から感謝しています。

予定日を1週間過ぎたので、一昨日の午後、妻は検診に行ってきました。特に問題はなかったのですが、「あと3日たっても生まれないようなら、陣痛促進剤などを検討するかも…」と言われたそうです。胎児が大きくなり過ぎると、出産が大変になりますからね。できれば自然に生まれてほしいので、マジで早く出てきて!お願い!と思っていると…願い通じたのか、その夜に陣痛が始まりました。

夜中1時過ぎに病院へ向かい、私は今回も立ち会いのために分娩室まで同行。アルメニアでは男性が出産に立ち会うことはまずないので、看護師らに少し白い目で見られてしまいます。やっぱりこういう場所に男性が立ち入るべきではないんだろうか…と弱気になりましたが、今回も立ち会って本当によかったと思います。

激しい痛みに耐えながら必死で我が子を産もうとする妻の姿を見ると、心の底から感謝と愛情が沸き起こってきます。そして、新たな命の誕生の瞬間は、無事に生まれたことに対する安堵と感動で、涙が溢れそうになりました。

深夜の出産だったため、ほとんど寝れず昨日はフラフラでしたが、誰よりも大変だったのは妻。本当にお疲れ様。元気な子供を産んでくれてありがとう。そして、元気に私たちのもとに生まれて来てくれた子供にも感謝です。4キロ近い巨大児ですが、やっぱり赤ちゃんは小さくて可愛い!ちょっとした仕草にも癒されます。

これからいろいろと大変だと思いますが、かけがえのない幸せと喜びもたくさん待っています。弟ができた長男アレンがどうなっていくのかも楽しみです。家の中が一層賑やかになるでしょうね。家族と力を合わせて、二児の子育てを頑張りたいと思います。

スポンサーサイト