アルメニアでの生活費・物価について。【その1】 

こんにちは、みなさん。副会長の南江です。
アルメニアも一時期の寒さと比べると、だいぶと暖かくなりました。しかし、人の体温調整は不思議なもので、先月は0度で暖かく感じていましたが、最近では+8度でも何か寒く感じてしまいますね。

また、昨日にエレバンのスケートリンクで練習されていたオリンピックの女子フィギュアスケートの選手たちもアルメニアを離れて、無事にソチに到着されたようです。今回のエレバンでの練習が良い結果となって日本にメダルがもたらされればと、心から応援しております。

さて、今の予定で進めば来年の今頃には、アルメニアにも日本国大使館ができることになります。大使館ができれば、アルメニアに在住する日本人も今より(現在は9名ほど)も増えるかもしれないので、今回は住居まわりについてアルメニアで暮らすには、どれほどの費用がかかるのか、つまり物価がどれくらいなのかを参考程度ではありますが、紹介させていただきますね。

はじめに、物価は日本と比べるとだいたい四分の一くらいになります。ちなみにアルメニアの通貨単位は「ドラム」になります。今現在の為替では、1ドラムは約0.25円になり、100ドラムでは25円になります。逆に100円(1ドル)だと400ドラムですね。

まずは、住宅関連について。今回は「暮らす」ということを前提で書くのでホテルではなく、一般的なアパートの費用を紹介します。まず、1〜2人暮らし用のリビングとベッドルームが1つのタイプですと、15,000円から30,000円(一ヶ月)になります。15,000円の安い方では、アパートの築年数がだいぶ経過しているものが多く、室内もひと目で老朽化しているのがわかり、水回りも少し心配したくなるような物件が多いです。

ChimeraPhone_IMG_1342.jpg
エレバンでよく見かける少し古びたアパート


30,000円ほどの家賃のアパートであれば、室内も綺麗に改装されていたり、お風呂やトイレも綺麗に維持され、もしかしたら天井には豪華なシャンデリアが付いているかもしれません。ただ、基本的に家具は全て初めから揃っており、新築でなければ食器や調理器具、冷蔵庫なども初めから揃っているでしょう。ですので、そのあたりの出費は気にする必要はありません。しかし、洗濯機はないと思っていたほうが良いかもしれません。

ChimeraPhone_IMG_1344.jpg
大通りに面したアパート群


次に光熱費は、季節によって大きくことなります。
今回は一人暮らしの場合ですが、まず水道代は、非常に安く200円ほどです。次に電気代は、800円ほどですが、冬場に電気製品で暖房をとったりすると、1500円ほどまで上がります。ガス代は1000円ほどですが、冬になるとセントラルヒーティングでガスをたくさん使うので、4000円くらいまで跳ね上がります。ですので年間を通して水道代を気にする必要はありませんが、冬場は電気代とガス代はある程度覚悟しておいた方が良いですね。
とはいっても、日本に比べると格段に安く、トータルだと夏場の光熱費は1500円ほどで、冬場は5000円くらいでしょうか。これは一人暮らしの場合ですので、人数が増えると一回り二回りと値段が上がります。

今回は住居についての紹介でしたが、いかがでしたか?一見すると日本に比べてすごく安いです。しかし、長く住んで日本との物価の差ではなく、現地での通貨の価値に価値観を置いてしますので、最初に書いた人の体温調節の話ではありませんが、これでもだんだんと高く感じてしまうものです。

次回は食費関連について紹介させていただきます。ではまたー。

コメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jaadiaries.blog.fc2.com/tb.php/124-30847837